土壌汚染調査をして安心して暮らせる場所を探そう

安心して住める土地

工事現場

売買の前には調査を

新しく土地を購入し、一軒家やマンション等を建てたいと考えている人も多いことでしょう。しかし、いい土地が見つかったからといってすぐに飛びつくのは危険といえます。まずは土壌汚染調査を行った方が良いでしょう。土壌汚染調査とは、土壌や土壌ガス、地下水などを採取して、分析することにより汚染されていないかを確認する作業です。せっかく買った土地が汚染されていては悲しいものです。2003年には土壌汚染対策法という法律もできたため、土壌汚染調査を行う人も増えてきました。近所に特に有害になりえるものがないという場合でも、土壌汚染調査を行わなくて良いという理由にはなりません。昔その土地に工場などがあった場合、汚染物質が隠れている可能性も考えられるからです。土壌汚染調査を行うことで、土地を安全に、そして気持ちよく売買できるというメリットもあります。土壌汚染調査を依頼する場合は、指定調査機関を通す必要があります。特に土地を売る側は、その土地に汚染物質が隠れていることを知らなかったとしても、契約解除や損害賠償が発生してしまうケースも考えられます。土壌汚染調査を行い、調査結果を報告書にまとめて都道府県知事に報告することで「安全な土地」という安心感を手に入れることができます。また、土壌汚染調査は既に建物がある場合でも行うことが可能です。わざわざ現存の建物を取り崩す必要もありませんので、安心して調査を依頼しましょう。