保険見直しの意味

生命保険を契約したのは何時ですか?会社に入社した時、昼休みに保険の外交員に話かけられ、説明を受けて何も考えずに、勧められる保険に加入した方が多いのではないでしょうか。
その時に、ライフプランの説明をされた様な気がしませんか?その時のライフプラン通りに生活が進んでいればいいですが、予想通りには進むことは、ありえません。
そこで、現在のライフスタイルに合っていて、今後の生活設計に合った生命保険に変える必要があります。
今まで掛けていた生命保険会社の担当者からも、転換などが勧められていませんか。
生命保険は自分の生活スタイルが変わったら見直す事が必要になります。

特に、結婚をして子供ができた場合は、現在の保障内容を見直し、妻や子供への保障や学資保険などの契約を追加する事を考えます。
自分独りだけの事だけでなく将来のことを考えたり、家族への保障を考えて、保険見直しが必要です。
保険の追加では無く、新しい保険の方が良いのか、よく相談しましょう。
現在は複数の保険会社を比べて、保険見直しを中心に扱っている会社もあります。

生命保険の勧誘や販売をするには、生保一般課程の試験に合格し、金融庁に登録される事が必要です。
その上の資格は「専門課程」「応用課程」があり各試験に合格すると「ライフ・コンサルタント」「シニア・ライフ・コンサルタント」になります。
その上が「ファイナンシャル・プランナー」になります。
ただ気を付けないといけないのは、ファイナンシャル・プランナーは財産などの資産設計のアドバイスを行うのが仕事で、保険の契約などはしないので資格が無くても業務が出来ます。
資格の確認をして相談する事が必要です。



▽SPECIAL LINK
ライフプランに合わせて子供の学資保険や生命保険の見直しが出来るサイトです → → 学資保険 見直し