土壌汚染調査をして安心して暮らせる場所を探そう

指定業者を選ぶ

地盤調査

調査件数が豊富なこと

工場跡地や、ある程度の規模の土地取引では土壌汚染調査をするケースが増えています。法律的には土壌汚染対策法によって土壌汚染調査を必ず行わなければならないケースは、鉱業、畜産業、水産業、食品業、石油化学業の廃止する場合や3000平方メートル以上を掘削する場合と定められていて、条例や知事により土壌汚染調査を義務付ける場合もあります。法律的に土壌汚染調査を行う場合の費用負担は、特別なことがない限り土地の所有者が負うことになります。土壌汚染対策法に基づく調査の場合はもちろん、任意の土壌汚染調査であっても必ず指定調査機関を利用するようにしてください。土壌汚染調査の結果、有害物質が高濃度で検出されたときは、売主と買主との間でトラブルになることはありえます。そのときでも法律の専門家と相談できる体制を整えた業者を利用すれば、スムーズに問題を解決していくことができます。最近ではニュースでも土壌汚染調査結果が取り上げられるようになり、知名度があがってきたことから指定業者だけでなく非指定業者も参入してくるようになりました。指定業者を選ぶにしてもその中でも調査実勢が豊富なことと、調査だけでなく浄化作業についても請け負える業者を選んだほうが良いです。土壌汚染調査だけでなく地盤調査も行っている業者が多いですが、土壌汚染調査まで自社で行っている業者はそれほど多くはありません。自社調査する業者の方が中間マージンが発生しないことや連絡不行き届きということもありませんので、自社調査ができる業者をお勧めします。

安心して住める土地

土地を売買する前に、土壌汚染調査を行うことで安全な土地として気持ちの良い取引ができます。特に売り手側の場合、汚染された土地を売却してしまうと契約の解除や損害賠償を請求されることもあるため注意が必要です。

法律に基づいた調査義務

比較的大きな土地を売買しようとした場合、土壌汚染対策法に基づき土地の土壌汚染調査が義務付けられる場合があります。これは人々の健康被害を防ぐ目的で行われており、大規模工場を解体する場合や掘削工事を行う場合などに当てはまります。また任意に行われることもあり、土地の正当な価値を知ることが出来ます。

有資格者と指定業者

土壌汚染調査は、指定調査機関の指定を受けており、国家資格である土壌汚染調査技術管理資格者を配置している業者が前提となります。これらはHPで開示している業者も多く、業者選定のポイントになります。また実績があり、その後の不動産取引に生かせる内容の調査書を作成する業者を選ぶといいでしょう。